こんな時は耳鼻咽喉科へ(耳、鼻、のどだけじゃない)

耳鼻咽喉科は耳、鼻、のどだけを診察するところだと思われがちですが実は結構守備範囲が広く、首から上の領域で脳・眼・歯以外に関する様々な病気を専門に診療・治療致します。
年齢は、新生児から成人、高齢者の方まで、男女に関係なく、幅広く対応致します。
当院は一般病院の耳鼻咽喉科外来で行われている診療がほぼ可能です。
特に次のような症状を患っている方は当院を受診下さい。

耳の症状

耳の症状
  • 耳が塞がった感じがする…
  • 自分の声や周りの音が耳にひびく…
  • ふらふら、ぐらぐらする…
  • 耳鳴りが気になる…
  • 耳が痛い…
  • 子どもの耳そうじが心配…

口、のどの症状

口、のどの症状
  • 口の中、舌がひりひりする…
  • 味が分からない…
  • 口の中が渇く、乾燥した感じがする…
  • のどに何かある感じがする…
  • 咳、痰が治らない、長引く…
  • 声がかすれる、出しにくい…
  • 飲み込みにくい、むせる…

鼻、顔の症状

鼻、顔の症状
  • 鼻がのどに落ちる…
  • においが分からない…
  • 頭が重い、痛い…
  • ほっぺ、額が痛い…
  • 顔の動きが悪い…

アレルギー性鼻炎舌下免疫療法

アレルギー性鼻炎舌下免疫療法を始めました。舌下免疫療法とは、アレルギー疾患の原因となるアレルゲンを低濃度、少量から服薬し、徐々に増量、高濃度にし、アレルギー症状を軽減したり、長期にわたり症状を抑える可能性のある治療法です。現在スギ花粉症、ダニアレルギーに対する治療が始まっております。ご希望のある方はお気軽にご相談ください。

一般向け情報提供ウェブサイト「トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ」

風疹・おたふく風邪ワクチンの予防接種

風疹

風疹は通常あまり重くない病気ですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病、溶血性貧血などの合併症をおこすことがあります。また妊婦の方が風疹に罹ると、赤ちゃんに生まれつき難聴・心疾患・白内障などといった障害『先天性風疹症候群』が起こることがあります。

風疹の合併症から身を守り、家族への感染そして社会全体の流行を防ぎ、将来の自分達のこどもを先天性風疹症候群から守るためにもワクチン接種を受けることが大切です。

以下のような方は特に接種をお勧めします。

  • ①妊婦の夫、同居家族
  • ②10代後半~40代の女性
  • ③産褥早期の女性
  • ④20代~50代前半の男性

ムンプス難聴

流行性耳下腺炎はおたふく風邪とも呼ばれ、広く一般的に知られる病気です。その合併症にムンプス難聴といわれる、極めて重篤な難治性難聴があります。この難聴は成書では15000人に1人と記載されておりますが、実際は数百人に1人とも言われており、決して低率ではない最も警戒すべき合併症です。おたふく風邪によるムンプス難聴の予防にはワクチン接種がとても大切です。

肺炎球菌ワクチンの予防接種

肺炎球菌は肺炎・中耳炎・副鼻腔炎の主な起因菌であり、予防接種を行うことで肺炎球菌感染症(特に小児の中耳炎、高齢者の肺炎)の発症・重症化を防ぐことが可能になります。ご希望のある方はお気軽にご相談ください。

(当院は安曇野市の予防接種助成事業に参加しております。)

※2018-2019年度のインフルエンザワクチン予防接種は終了しました。

WEB予約

診療案内

診療科目

耳鼻咽喉科・形成外科・気管食道科


診療時間
診療時間

休診日:日曜日/祝日/土曜日午後

心配なことがありましたら、悩まずご相談ください。


院長フォトギャラリー